上越セントラルスクエア店 ブログ

要注意!革靴のカビ予防について

2016/04/23 18:00

みなさん、こんにちは!
今回は洋服の青山 小千谷店より、靴のカビ予防についてご紹介させて頂きます!


photoView

今までいくつか靴のメンテナンスについてご紹介してきましたが、
これから梅雨の時期や、気温が高く足裏に汗をかきやすい季節になりますので、
靴のカビ予防についてご紹介していきます。


ちなみに前回の靴のメンテナンスはこちらからご覧になられます。↓↓↓
「ここまで回復!?シューキーパーの威力」

「靴を磨けば自分も磨ける!」


まず、カビについてですが
革靴のカビの原因は

・湿度が高い
・気温が高い
・カビの栄養源(埃など)がある

という3点で、これらの条件が合わさるとカビ菌が一気に増殖してしまいます。
カビが生えると臭いの原因にもなりますし、他の靴にもカビ菌が移るかもしれません。
したがって、これからの季節は特に気を付ける必要があるということです。


まず、湿度に関しては
1日中履いていると、約コップ1杯分の汗を足裏からかくといわれており
当然その汗は中敷に吸収されています。

photoView

また雨の日で、靴の中が浸水してしまった場合などは特に靴の内部の湿気がヒドくなります。

これを放っておくとカビが生え、黒カビの場合は革の内部まで生えてしまうため、除去するのは困難です。


それを防ぐためにも、カビ予防には乾燥が1番大切です。
木製のシューキーパーをいれると湿気を吸収してくれるため、シューキーパーはプラスチック性より木製のタイプの方がカビには有効です。

photoView

ただ、シューキーパーの記事にも記載したように
脱いだ後にすぐいれるよりは少し乾燥させてからの方が良いのです。
なぜなら、あまりにも内側の湿気がヒドいとシューキーパー自体もカビる可能性もあり、また乾燥の阻害にもなるからです。

したがって、夏場にかなり汗をかいた時や雨で内側まで水が入ってしまった時は、紙を丸めたものや新聞紙などをいれ、
風通しの良い所で陰干しをして下さい。
靴箱にも湿気取りを置いておくと良いでしょう。

photoView

雨でかなり濡れている場合は、靴底もカビる可能性もあるため、タオルの上かすのこなどの上に置いて頂くと尚良いです。

とにかく早めに水気を切り、乾燥させてあげることがカビの予防には1番大事です。



また、埃などの汚れもカビの好物なので
定期的にブラッシングをして埃をとることや、靴箱の中も綺麗にすることが大切です。


革靴の内側だけではなく、表面にもカビが生えることがあるため防水スプレーでしっかり守っておきましょう。


大切な一足をカビから守るために以上の事を気を付け、いつまでも良い状態で履けるようしっかりケアをしてみて下さい!


木製シューキーパー
品番 CO-ST1
価格 1,800円 税抜

洋服の青山 小千谷店

CATEGORY: ショップブログ

新作スーツ登場!

2016/04/23 12:10

みなさんこんにちは!
今回は洋服の青山新発田店より新作スーツの紹介をいたします!

今回ご紹介するスーツはこちらです!
photoView
photoView

こちらスーツは生地の世界三大生産地イタリアのビエラの生地メーカーコロンボ社製の生地を使ってます!上質な天然素材の繊維の美しさを活かした生地が特徴です!

photoView
色違いでネイビーのタイプもあります!

ワンランク上のスーツ是非1度お試し下さいませ。
品番[161102-75]
価格[¥79,000]

洋服の青山 新発田店

CATEGORY: ショップブログ