上越セントラルスクエア店 ブログ

新社会人必見!革靴をシーン別に○△×で判定!

2018/03/31 18:30

みなさん、こんにちは!
今回は洋服の青山 小千谷店より、革靴をデザイン毎にシーン別で適しているかどうかを解説していきます!

photoView

前回に革靴のフォーマル度についてご紹介させて頂きましたが、
今回はデザイン毎にどのシーンが適しているのかを解説していきます!

特にこれから新社会人になる方や就活生の方など、
なかなかどの靴を選んで良いのかわからない方は必見です!



では、シーンとして

●ビジネス
●結婚式
●お悔み事
●就活

の4つとして、

○ 適している
△ 場合による
× オススメは出来ない

の3つの判定基準とさせて頂きます。



□ストレートチップ

photoView

ビジネス ○
結婚式 ○
お悔み事 ○
就活 ○

一本線の入っているこのストレートチップはフォーマル度も高く、文句なしにオール○です。
革靴を着用するシーンで、どの靴が良いかお悩みであればまず間違いはない一足です。



□プレーントゥ

photoView

ビジネス ○
結婚式 ○
お悔み事 ○
就活 ○

最もシンプルなデザインのプレーントゥも汎用性の高い靴になります。
ストレートチップよりはフォーマル度は落ちますが、よほどの事ではない限り大抵のシーンでお使いできます。



□パンチドキャップトゥ

photoView

ビジネス ○
結婚式 ○
お悔み事 ×
就活 ×

ストレートチップに非常に似ていますが、つま先の一本線の部分にブローギングが施されています。
ストレートチップと比べると装飾もあって華やかですが、お悔み事や就活になるとなるべく装飾がない方が適しているので×になります。



□Uチップ

photoView

ビジネス ○
結婚式 ○
お悔み事 △
就活 △

Uの字に線の入ってる革靴です。
元はゴルフ用に作られたデザインのもので、比較的カジュアルな服装に合わせやすいです。

お悔み事や就活は厳密にはストレートチップなどが良いですが、もしお持ちでなければ黒の紐靴ということでUチップでも構わないでしょう。



□ウィングチップ
(小千谷店にブラウンでブローギングがはいったタイプしかなかったためコチラの靴を使用していますが、判定は黒の装飾のないものとしてします。)

photoView

ビジネス △
結婚式 ○
お悔み事 ×
就活 ×

羽根のようなデザインが入ったタイプになります。
ビジネスでは、服装の自由度が高い職場であれば大丈夫ですが、自由度が低くカッチリとした職場であればオススメ出来ません。

見た目のデザインからお祝い事では足元も華やかになってオススメです。
ただし、ウィングチップはブローギングやメダリオンといった装飾が施されいるデザインも多く、フォーマルな席ではあまり装飾がないものがベターです。


□モンクストラップ

photoView

ビジネス △
結婚式 △
お悔み事 ×
就活 ×

ビジネスではウィングチップと同様の理由ですが、
ウィングチップよりもビジネスでは使える幅が広いと思います。
正式には上の写真は留め具が2箇所あるので、ダブルモンクストラップになります。



□ローファー

photoView

ビジネス △
結婚式 ×
お悔み事 ×
就活 ×

紹介する革靴の中では最もカジュアルなものになります。
脱ぎ履きがとても楽であり、英語では"怠け者"という意味を持ちます。
高校生やご年配の方が履いているイメージが定着していますが、その名の通りカジュアル向きです。
特に、高校からそのまま就職という方は革靴だからといってそのまま社会人としてお使いするのはオススメ出来ません。

一方で、ご年配を中心に脱ぎ履きが楽なためビジネスや礼装事にも広く使われていることも事実です。
ですので、あくまで本来のマナーとしては×ですが、一般的には△といったところになります。
ちゃんとした場では黒の紐靴が良いので、そちらも一足は用意しておきましょう。




いかがでしたでしょうか?
このように、様々ある靴によっても使い分けが必要なものが意外とあります。
ただ、実際に世間とではあまり気にされていないのも事実ですが、最低限のマナーは知っておくと役に立つと思います。
ぜひ、ご参考下さい!



前回の記事→

洋服の青山 小千谷店









CATEGORY: HowTo