上越セントラルスクエア店 ブログ

サイズ表記 国ごとに違う?

2017/04/15 18:00

みなさん、こんにちは!
今回は洋服の青山 小千谷店より、国別のサイズ表記についてご紹介させて頂きます!

photoView

先週はスーツのサイズについてご紹介させて頂きましたが、
今週は洋服の国やアイテム毎の表記についてご紹介致します。

というのも、近年では様々な海外のブランドが進出してきていますが、
国によっては日本と違う表記なので、自分がどのサイズなのかイマイチわからないときはありませんか?

例えば、Lの次がLLのお店とXLのお店がある時にどちらが大きいか迷いますよね。

ちなみにLLとXLは基本的に同じサイズです。
XLはextra largeの事で、主にアメリカの洋服に使われたりします。

では、メンズのTシャツを例に挙げてみると、
日本 S M L
アメリカ・イギリス 34 36 38
フランス 38 40 42
イタリア 44 46 48
というように、各国で違います。

※メンズとレディース、さらには洋服の種類ごとにも異なりますので、アパレルショップで選ぶ際はその店のサイズ表記をご覧下さい。


また靴のサイズでは、青山でもイタリアメイドのHILTONという靴を取り扱っていますが、
photoView
このようにcm表記ではない数字表記がなされています。

これも各国でみてみると、
日本 25.0 25.5 26.0
アメリカ 7 7 1/2 8
イギリス 6 1/2 7 7 1/2
ヨーロッパ 40 41 42
となり、先ほどのHILTONの靴は25.5cmという事がわかります。

アメリカやイギリスはインチでの表記となりますが、これも元の基準が違うインチ表記のため、
同じインチでも違うサイズになります。


なかなかややこしいですが、知っておくと意外と役に立つ場面もでてくるかもしれませんので、
自分の別の国のサイズを調べてみてはいかがでしょうか?


前回の記事→

洋服の青山 小千谷店

CATEGORY: HowTo