仙台中央通り店 ブログ

ワイシャツのアイロンテクニック!

2015/05/21 10:00



皆さんこんにちは!!





これからクールビズに向けて、ジャケットを脱いで、ワイシャツだけで過ごす機会が多くなりますよね!



photoView



そんなときにシワがあるとせっかくのかっこいいワイシャツが台無しに…なんてこともあるかと思います!




今日はメンテナンス第三弾ということで、ワイシャツのアイロン方法についてご紹介します!



photoView


①襟から肩にかけて、両端から真ん中に向かってしっかり押さえるように当てていきます。




photoView




②続けて袖口に当てていきます。

かける前にシワを伸ばしてから脇の縫い目に目安にするのがポイントです!





photoView


③カフス部分は裏側からかけましょう!

片手でワイシャツを引っ張るようにしながらアイロンをかけるとやりやすく、表側もシワが残りにくくなります!





photoView



④前後の身ごろ部分はアイロン台に着せるように置くとかけやすく、やりづらい肩の部分も楽にアイロンがけができます!!






いかがでしょうか??



アイロンを動かすときは、先を浮かせるようにしてかけるのがポイントです!

順番としては

①襟
②肩
③袖口
④袖
⑤身ごろ


このような形でかけてください!




ぜひ正しいアイロンがけで、毎日ビシッとキメてみてくださいね!!

CATEGORY: ショップブログ

メンテナンス方法第二弾!

2015/05/20 10:00


みなさんこんにちは、
仙台中央通り店です!


前回、スーツのメンテナンス方法に
ついてご紹介したのは覚えていますか?

今回は・・・第二弾!

メンズスラックスの《アイロン掛け》を
写真を使ってわかりやすく紹介します!

photoView
シーズン問わず着る機会の多い、
スラックス・・・

シワシワのままでは格好悪い
ですよね。ぜひ、この機会に正しい
アイロンの掛け方を覚えましょう!




まず、スラックスにアイロンを
かける際のポイント!

photoView

①温度設定

〈綿や麻〉高温 180℃〜200℃
〈ナイロン〉低温 110℃〜130℃
〈ウール〉中温 140℃〜160℃

②スチームの使用

スチームの湿気が取れないうちに、
すばやくアイロンをかけることが大切

③スラックスは折り目が重要!

腰回り、ヒップ、足、裾の順番を必ず
守り、常に折り目を意識する


この①〜③のポイントをきちんと
押さえ、アイロンをかけてみましょう!


まず、片足づつ縫い目がズレないように
置き、膝の部分のたるみを取ります。

photoView

腰回りはアイロン台に着せるように
置き、ファスナー周りやポケット
部分をプレスします。

photoView

きちんと手で押さえながら、裾の部分
から股下あたりまでをプレスし、
大まかな折り目を決めていきます。

photoView

最後もきちんと手で押さえ、前後の
折り目を付けていきます。

photoView



いかがでしたか??


コツさえ掴めば、簡単ですよね♪
誰でも簡単に自宅でメンテナンスが
できますよ!


メンテナンス方法、第三弾も
楽しみにしていてください!!













CATEGORY: ショップブログ

6月21日は何の日?

2015/05/19 10:00


こんにちは!
仙台中央通り店です。


みなさん、6月21日は何の日か
知っていますか??




・・・そう、父の日です!!



何をプレゼントするか決めてますか?


まだ決めていないという皆さん!

せっかくプレゼントするんですから、毎日使って欲しいですよね!

洋服の青山では、毎日お仕事で頑張ってるお父さんにピッタリの商品をたくさんご用意しております!


ネクタイ!

財布!

タイピン!


photoView

他にもベルトや靴下なんかもいいですよね!
photoView

photoView
普段言えない感謝の気持ちをプレゼントに込めて伝えてみませんか?

中央通り店では今、父の日に向けた
ラッピング無料サービスを行っています!

何をプレゼントするか迷う!という方は気軽に当店スタッフにご相談下さい!











CATEGORY: ショップブログ

Rosso Bello!

2015/05/18 10:00


みなさんこんにちは
仙台中央通り店です!


お待たせしました!今回は、
スタッフコーディネート第三弾です!


photoView

テーマは『ロッソ・ベッロ』

イタリア語で
Rooso(ロッソ)=赤
Bello(ベッロ)=美しい

つまり、ロッソ・ベッロとは
『美しい赤』を意味します


イタリア国旗に使われている色は、
緑、白、赤ですが・・・

その中で赤は《情熱》を表しています

photoView

このように、ネクタイ、シャツ、チーフ
を《赤》で揃えることにより、
統一感が生まれるだけでなく、エレガント
さと艶やかさを演出できますよね

また、このコーディネートは赤のアイテム
以外をすべてシンプルに揃えることで、
より《赤》の美しさを際立たせています


チーフにボリュームを持たせ、花のように見立てることで、よりエレガントに!

この技は、これからシーズンを迎える結婚式の二次会などでも使えますね!

photoView

カジュアルなコーディネートでも、
カッチリと決めたいときにでも、
《赤》を挿し色に取り入れれば
『ロッソ・ベッロ』の出来上がり!


みなさんも、美しい赤、そして情熱の
赤をコーディネートに取り入れて、
素敵な1日を過ごしましょう!









CATEGORY: コーディネート

スーツの正しいメンテナンスって…?

2015/05/17 10:00




皆さん、スーツの正しいメンテナンス方法はご存知でしょうか?


photoView


今日はスーツをより綺麗に、長持ちさせるメンテナンス方法をご紹介します!!




購入した際、このようなハンガーでかけていませんか??


photoView




ジャケット用のハンガーは、厚みがあり、肩に沿ってカーブしているハンガーがオススメです!


スーツはできればすぐクローゼットにしまわず、部屋の中に干しておくことで汗や水分もとることができます。



photoView


また、スラックスは2つに折って吊るす方法が一般的ですが…

裾を上にし、ベルトはつけたまま吊るす事で、その重みによってシワをとる効果があるので、ぜひ試してみてください!





また、毎日の着用後のブラッシングも重要です。


上着は細かく擦ると織り目や繊維の中に汚れが入り込むことがあるので、大きく払うようにブラッシングすることをオススメします!


衿や肩は溝から書き出すように小刻みにブラッシングすると良いです。


また忘れがちなのがポケット周りです!


photoView

ポケットからものを出し入れする機会が多いと、その付近がこすれて汚れてしまいます。


ポケット周りのブラッシングと時々ポケットを裏返してホコリを取って頂くことをオススメします!



photoView


またちょっとしたシワなら軽く霧吹きをすることで十分シワを復元させてくれるので、ぜひ併せて試してみてください。





毎日着るスーツだからこそ、日々のメンテナンスが重要になります!



ちょっとしたひと手間でスーツをよりかっこよく、長持ちさせることができるので、ぜひご自宅でのメンテナンスをしてみてください!

CATEGORY: 指定無し

イタリアの伝統と革新

2015/05/16 10:00


みなさんこんにちは!
仙台中央通り店です!



昨日紹介した、SavileRowと同じく
高級服地の高価格帯スーツ・・

青山のトップブランド《HILTON》を、
今回は紹介したいと思います!

photoView

ヒルトンは、1960年代にイタリアの
ベスティメンタ社によって創設された
ブランドで、今では高級ブランド
として確固たる地位を築いています。


ヒルトンの素材は、多くの人を魅力して
止まない、世界のトップブランドの生地を
採用。本当に最高の着心地なんです。


今回もそんなヒルトンの最高品質の
素材について紹介していきます!


では、
①COLOMBO(コロンボ)
②GUABELLO(グァベロ)
③GERRUTI(チェルッティ)

この3つの素材を、見ていきましょう




最初は、「コロンボ」

photoView

創業者は、ルイジ・コロンボ
現在、コロンボ社は極上の《カシミヤ》
《キャメル》を中心としたイタリア
高級生地メーカーとして、
世界のトップリーダーとなっています。


次に、「グァベロ」

photoView

1851年創業。
長い年月を経て受け継がれた伝統技術と
先進テクノロジーの融合による手法で、
イタリアのモード通の誰もが絶賛する
クオリティの高さを誇ります。


最後は、「チェルッティ」

photoView

1881年からイタリアのビエラで創業。
《CERRUTI》のブランドネームは、
現在のLANIFICIO F.LLICERRUTIの社長
であるMr.NINO CERRUTIが1960年代に
パリで始めたブランドとしても、
世界的に有名です。

仕上げは、他者ではまねの出来ない
テクニックによって自然かつ上品な
光沢感を生み出しています。



最高級の生地を使い、さらに美しさを
引き立てるために細部までもこだわった、
《HILTON》のスーツ。

洋服の青山では、誇りと自信を持って、
お客様に最高のスーツをお届けします。




《HILTON》のスーツを身にまとい、
最高の自分を演出してみませんか?











CATEGORY: ショップブログ

究極のスーツ、究極の素材!

2015/05/15 10:00


みなさんこんにちは!
仙台中央通り店です!



洋服の青山のスーツの中でも
高級服地を使った高価格帯ブランド、
《Savile Row》をご存知ですか??

photoView

ブランド名の由来は、背広発祥の地と
して知られるロンドンのサビルロウ・
ストリート。今でもそこは、紳士服店が
数多く立ち並ぶ、有名な通りです。

生地、仕立て、シルエット、着心地に
至るまで熟練の職人たちが最高の仕事を
提供しています。

その伝統の技術と美意識に敬意を表し、
英国スタイルを継承する究極のスーツ!


・・それが、《Savile Row》なんです!


今回はそんな《Savile Row》スーツの、
選りすぐりの素材をご紹介します!


まずは、「ブリタニア」

photoView

ブリタニア社は、世界の有名デザイナー
を始め、一流メーカーからの信頼も絶大

その理由は、



①最高品質のウール素材を世界中から厳選
②その素材をどう美しい繊維にし、理想
通りの生地に仕上げるか

という原料から布地に仕上がるまでの
全ての工程に妥協をしないからなんです

素材作りにこだわりがたくさん詰まった、
英国の名門ファブリックです。


次に、「ギィドーメル」

photoView

最高級のウール、カシミヤ、パシュミナと
次々に品質の良いファブリックを世界に
発信し続けるのが、ドーメル生地の魅力!

素材となる繊維はオーストラリアの品質
の良いものを直接買いつけています

世界中の顧客の難しいオーダーにも的確
に応えるこのメーカーは、素材に
こだわりを持つ世代からの支持が絶大です


最後は、「エストラート」

photoView

素材の持つ可能性を最新技術により
最大限に引き出すのがエストラートの魅力!

イタリアの服地メーカー
トラバルトーニャ社が開発した
バイオ・エラスティックシステムにより
”天然素材”でありながら、
ほどよい伸縮性を持ち、身体に
自然にフィットするんです。

トラバルトーニャ社は、
卓越した最新技術で画期的な
商品を生み出し続けています!




《Savile Row》スーツに使われている、
最高級の素材について、皆さん
知っていただけたでしょうか??


次回は、サビルロウのハンドメイドスーツ
についてご紹介したいと思います!


・・乞うご期待!!





















CATEGORY: ショップブログ

合皮と本革の違い…

2015/05/14 10:00

みなさんこんにちは。
仙台中央通り店です。



皆さんは合皮と本革の違いがわかりますか?
photoView

分かる方もいれば、分からない方いると思いますので、今日は違いについてご紹介したいと思います!


まず、それぞれの特徴から…

《本革》
・通気性がある!
・丈夫で、使いこむ程味が出る!
・高価!

《合皮》
・通気性がない!
・汚れやすく、痛みやすい!
・安価!

本革は、牛革、豚革、馬革などなど、様々な動物の革を使っており、繊維がしっかりしてます!

よ〜く見ると毛穴が見えます!
photoView



合皮は、人工的に作ったもので、表面はPVCレザー、中に型になっている布などの二重構造が多く、精巧に作られていますが表面に毛穴がありません!
photoView



現在の合皮は精巧に作られていますし、本革も表面が加工され、毛穴の確認が出来ない物もあります。

表面での違いが分かりづらい時は、断面を見てみましょう!

バッグであれば、内側の折り返し!

ベルトであれば、穴を見て下さい!


本革であれば毛羽立ってるの分かりやすいですよ!

合皮で、 買い替えて楽しむのもいいですが、
本革を長く使い味を出すのも『粋』ですよね!


是非皆さんも、気を付けて見てみましょう!


CATEGORY: 指定無し

新作!バイカラービジネストート!

2015/05/14 10:00


こんにちは!仙台中央通り店です!


今回は、夏にぴったりの、
新作のバックをご紹介します!

photoView

《MODA RITORNO》の、
ビジネストートバックです!!

バイカラーデザインの、
お洒落なトートバックなんです♪


そして注目するのはココ!








photoView

このバック、ジャケットのように
バルカポケットが付いているんです!


・・・バルカとは??



バルカ=「小舟」

イタリア語で《小船》を示すバルカは、
なだらかなカーブを表現します。

バルカポケットはその名の通り、
カーブで丸みの帯びたポケットです



そしてポケットの裏地をチラリと
見せれば、まるで 《ポケットチーフ》

内装生地と同じデザインになって
いて、中身も外見も楽しめるんです!


photoView



そして機能面も充実!!



ハンドル部分が長い仕様となっている
ため、手持ちだけでなく、肩掛けも
できる《2WAY》タイプなんです!

バックと同じバイカラーデザインの、
ポーチも付いているんですよ





photoView


色はネイビー・グレー・ワインの3色!


photoView

あなたは、どのカラーがお好み
ですか・・!?


ぜひ、店頭で手に取って、ご覧に
なって見てくださいね♪


皆様のご来店、お待ちしております!





品番:YBC-10(ネイビー/グレー/ワイン)
価格:¥9,800(税抜)

サイズ:36×35×14㎝














CATEGORY: ショップブログ

今、履いてる靴の裏をご覧下さい。

2015/05/12 10:00

皆さんこんにちは。
仙台中央通り店です!



革靴をお履きのみなさん、今日は革靴のちょっとした豆知識をご紹介します!
photoView



まず!
今履いている革靴の靴底、かかと内側部分をご覧ください。











どうでしたか?
photoView
このようにかかとが欠けてる靴はありませんでしたか?



これは、すり減って削れたのではなく意図的にカットしてあるんです。
photoView


では、なぜ欠けてるのか…?


実は靴の歴史が大きく関係しています。


スーツ誕生の起源となったのがヨーロッパ…


ヨーロッパの貴族の人達は靴を履いたまま服を着たり、脱いだりしていたそうです。
かかとが尖ってると衣服に引っかかりますので、引っかかり防止のために角を削っていた言われています。



言われてみると、かかとが尖ってたらズボンに引っかけてしまってうまく履けませんね!


このようにスーツの歴史は深く、いろんな由来がありますので、これからもご紹介していきますね!



CATEGORY: ショップブログ