長崎本店 ブログ

お手入れ楽々!雨の日に履きたい革靴!

2019/04/13 10:00

photoView


皆さまこんにちは!
アクロスプラザ諫早店の古川です!
寒い日もいつの間にか過ぎて、梅雨の時期が近づいてきました。


本日紹介するアイテムの前にまずは革靴について勝手ながらご説明させていただきます。
ご存知の方は飛ばして読まれてもいいですが、再確認のために読んでいただけると嬉しく思います。

まず、革靴は動物の革靴でできています。
多くは牛の革ですね。

雨などの水分を含んだまま放置すると水分が蒸発するときに革を押し上げ、水ぶくれのように膨らむことがあります。
また、水を膨むことで退色し、シミになることがあります。

なので、雨に濡れたときはハンカチなどで染み込む前に拭き取ることが重要です。

今回ご紹介するアイテムはそもそも拭き取らなくていい…というより、濡れません!

それがこちら!
photoView

お色は黒とブラウン。
形はストレートチップとUチップがございます。
photoView

アウトドア製品によく使われているゴアテックス社の透湿防水が施されている本革の革靴となっています。

本革本来の履き心地、足馴染みはそのままに、なんと20分間水に浸けても水が浸透しません!

と、ここまでは合皮(合成皮革)の革靴と変わりませんよね。

この靴のすごいところは上でもご紹介した通り、透湿防水なのです!

外からの水分は通さないのに、靴の中の湿度は外に出してくれます!

梅雨の時期でなくても急な雨の日にでも安心、そしてムレを発散してくれるので晴れの日でも履きたくなる革靴となってます!
photoView

実はメンテナンスも簡単で、普通の革靴ですと、ブラシで埃を落として、クリームを塗り、ブラシで馴染ませ、クロスで磨くとなるのですが、この靴の場合ほとんどの汚れは乾拭き、すこし頑固な汚れの時は水拭きできます!

月に一度のクリームで乾燥を防いであげるとよりよいですが、メンテナンスの面でもとても簡単ですよね!

突然の雨で靴下を濡らさなくてもいい、汗でベタベタにならなくてもいい、メンテナンスをこまめにしなくてもいい、そんな革靴のご紹介でした!

ご興味をもっていただけましたら、ご試着にて履き心地も確認していただけますと光栄です。

品番BE8011-BR

金額20,000+tax

CATEGORY: 指定無し

本革仕様!育てていくトートバック!

2019/04/13 10:00

こんにちは!
洋服の青山アクロスプラザ諫早店です。

今回は新しく入荷したトートバックをご紹介します!
photoView


こちらのバッグはクールビズに合わせ、軽くシンプルなデザインに仕上がっており、裏地を使わずに作った革本来の風合いを楽しめるバッグです!

photoView

クラッチバッグもセットで入っていますので、様々なシーンに合わせて楽しんで使っていただけますよ!


photoView
磨いて経年変化を楽しみながら、自分好みに育てて下さいね!


品番【691030】
価格12,000+tax





CATEGORY: 指定無し