水戸内原店 ブログ

ウールの特性について

2015/10/31 10:00

みなさんこんにちは!
洋服の青山 水戸内原店です。

今回は前回に引き続き
ウールの特性について
同県のつくば研究学園店より
ご紹介いたします。




photoView




ウールという繊維は
夏でも冬でも使用されます。

温度差が激しいのに
なぜ使用されるかというと、
それはウールの特性にあります。

ウールの衣類には約60%の
空気が含まれています。



photoView







これはウールの繊維で1本1本が
縮れています。

これをクリンプというのですが、
これを束ねることにより
隙間に空気層を作るのです。







photoView




photoView






この空気層が熱い空気や
冷たい空気をシャットアウト
します。ですので
夏も冬も快適性を保てます。


ただし、それにより
ウールが水分を吸い
伸びや縮れに繋がります。

これを解消すべく、青山では
生地試験を行い、
適正の生地を使用します。

ですので青山のスーツは
着心地がよく、
皆様からのご愛好もございます。



photoView





このように、生地には色んな
特性がございます。
中でもウールは群を抜いて
いるので衣類に多く使用されます。

いかがでしょうか?
ウールの良さを知った上での
スーツ選びはまた違った
楽しみがあると思います。

是非洋服の青山に足を
運んで頂き、色んなスーツを
お試しになってみてください!

皆様のご来店を
お待ちしております。




水戸内原店
photoView




つくば研究学園店
photoView




茨城守谷店
photoView



CATEGORY: 指定無し