名古屋インター店 ブログ

パンツの裾仕上げ?!

2015/11/01 18:26

こんにちは!洋服の青山半田店です。


今週はスーツの着こなし方やディテールなど

スーツに関するHow toやお客様からよく聞かれる疑問などにお答えするような形で投稿していこうと思います。


そこで本日紹介するのが
裾直しについてです。


裾の直し方にはいくつか種類がありますが
その中でも最もスタンダードな
シングル仕上げとダブル仕上げについて紹介します。


まず、シングル仕上げです。

photoView

最もシンプルで、一般的に最も多いのがこのシングルという仕上げ方です。

通常のスラックスや綿パンでも用いられる直し方で
フォーマルシーンに着用する略礼服もこの直し方が一般的です。

続いてダブル仕上げです。

photoView

裾を折り返した様な仕立てになり、
最近ではオシャレ感覚でダブル仕上げにされる方も多くなっています。

折り返した際にできる折り返し幅のことを
カブラ幅と言い、
お好みで幅の太さを指定していただけます。


このカブラ幅を太くするのがまたオシャレの一つでもあります。


上の写真はカブラ幅4cm


photoView

こちらは4.5cmです。


また、スタイリッシュパンツの場合
裾の長さを短めに設定するのもトレンドです。

裾の長さももちろんお好みですが

細身のパンツを選ばれる際は
多少短めに設定していただいた方が
スッキリとスタイリッシュに見えるのでオススメです。


同じパンツであっても
直し方一つで印象はガラッと変わります。


着用シーンを想定して
その場に合った直し方、着こなし方をすることが
スーツを着用する上では非常に大切になってきます!

CATEGORY: 指定無し